ONにすることにより試合結果を表示することができます。

Spring Split Round8 プレビュー

2016/03/08, 20:03 - BY RIOT GAMES

Spring Split Round8 プレビュー

今年1月に開幕したLJL 2016 Spring Splitもそろそろ佳境に入ってきた。先週は首位DFMが7勝目をマークし、ひと足先にプレイオフ進出が確定。2位のRPGも先週勝利を収め、プレイオフ進出に王手をかけている。熾烈な戦いを繰り広げているのが3位USG、4位CRJ、5位7hだ。「プレイオフ」と「入れ替え戦」という、まさに天国と地獄の狭間で戦っている3チーム。今週Round8ではどのような対戦が待っているのか、ひとつずつ見ていこう!

 

◆3月9日(水)7th heaven vs CROOZ Rascal Jester

第1試合は、現在ランキング4位のCRJと1勝差で5位につけている7hの直接対決だ。

「プレイオフ」の観点から見ると、7hがこの試合で勝利すれば3勝5敗でCRJと並ぶことができる。さらにUSGとCRJの今後の敗北およびRound9の直接対決がCRJの勝利となれば、5勝5敗で7hが劇的に「プレイオフ」進出を果たす可能性が残されている。一方、CRJのプレイオフ進出の可能性はUSGとの直接対決に左右されるものの、まずはこの試合で7hに勝たないとプレイオフ進出は非常に難しくなる。

「入れ替え戦」の観点から見ると、CRJがここで勝利すれば対戦成績で7hを上回ることができるため、「入れ替え戦」行きを回避できる。したがって、7hはこの試合で負けるとたとえその後2勝してもCRJを追い抜くことができない。USGの今後の試合結果によっては「入れ替え戦」行きを回避できる可能性は残されているものの、その可能性は非常に低い。7hは、勝って「プレイオフ」への望みをつなぐことができるのか、負けて「入れ替え戦」行きが濃厚となってしまうのか、この試合が重要な「ターニングポイント」なのである。

対戦成績について先ほども少し触れたが、同じ対戦カードで行われたRound3では2-1でCRJが勝利している。前回7hのMIDはEstelimだったが、後半戦からスターターに登録されたShinmoriがこの試合でも出場する可能性が高い。対するCRJも後半戦からスターターをがらりと変更。先日公式SNSでGalBとCornのシーズンアウトが発表されたが、いかにしてその穴を埋めるのか。

試合の注目ポイントは、「BOT対決」だ!帰ってきたCRJの黄金コンビRkpとLillebeltが、7hに対してどのような戦いを見せるのかに期待がかかる。対する7hとしては、BOTのYutoriMoyashiを育てあげることができるのかが、試合のカギとなるだろう。


 

◆3月4日(金)Rampage vs BlackEye

第2試合は、「プレイオフ」進出を目指すRPGとLJL初勝利を目指すBEの対戦だ。

現在5勝2敗でランキング2位につけてているRPG。Spring Splitも残すところあと3試合という状況のなか、この試合に勝って6勝目をマークすればRPGの「プレイオフ」進出が決まる。競争相手となるのは3位のUSGと4位のCRJだが、RPGは先週Round7でCRJに勝利し対戦成績で上回ることに成功しており、たとえ6勝で並ばれてもRPGの順位が上になるからだ。

唯一RPGの上に立っているチームがライバルDFM。ランキング1位を目指すには、自分たちの全勝とライバルの2敗が必須という厳しい状況となっている。しかしLJLのリーグ方式上、「プレイオフ」進出さえ決まれば優勝を狙うことが可能だ。DFMへのリベンジに向けて、まずは目の前の敵を倒すことに集中しなければならない。

対するBEは先週7敗目を喫し、「入れ替え戦」行きが確定。開幕当初に語っていた「LJL残留」の目標に黄色信号が点灯した。LJL CSも始まり、下からの圧迫もひしひしと感じていることだろう。しかし先週のUSG戦では、勝利には結びつかなかったものの良い形で試合を展開することができた。LJLを戦う強豪チームと良い勝負ができれば、「入れ替え戦」を勝ち抜くための自信につながるだろう。

この試合の注目ポイントは、ズバリ「中盤以降の戦い方」だ。BEは、先週の試合で序盤しっかりゲームを作り上げることができていた。問題は中盤以降だ。対するRPGは集団戦における勝負強さが特徴のチーム。RPGの華麗な集団戦に期待するとともに、BEが強豪RPGにどこまで食らいついていけるのか、注目だ!


 

◆3月5日(土)DetonatioN FocusMe vs Unsold Stuff Gaming

第3試合は、ここまで全勝のDFMと「プレイオフ」進出を狙うUSGの対戦だ。

先週Round7で7勝をマークし見事「プレイオフ」進出を決めたDFM。すでにライバルRPGを直接対決で倒しているため、この試合に勝利すれば1位通過が決定する。しかし今回の相手はUSG。今シーズンすさまじい勢いで成長してきたチームであり、一発の強さを誇っている。王者DFMとはいえ、油断は禁物だ。

一方、「プレイオフ」進出を目指すUSGとしては、気になるのはCRJの存在だ。この試合でDFMに敗北した場合、もし水曜日の試合でCRJが勝利すれば4勝で並ばれてしまう。「プレイオフ」争いの山場となるRound9のCRJとの直接対決の前にUSGが5勝目をマークできれば、勝利数の上においても心理的にも有利な立場でRound9を迎えることができるだろう。

今回と同じ対戦カードだったRound3では、DFMに軍配が上がった。しかしながらBo3の1戦でDFMに初の黒星というUSGのドラマチックな勝利が記憶に残っているファンも多いだろう。LJL初参戦ながら現在のランキングは3位。先日公式SNSでゲーミングハウス設立も発表され、決意を新たに王者DFMに戦いを挑むことが予想される。

この試合の注目ポイントは、YutaponとapaMENの「トップ対決」だ。と言うのも、前回Round3における直接対決ではYutaponが出場していなかったのだ。ともにLJL参戦は3年目だが、互いにロールチェンジを経て今回TOPでの直接対決となったというのも興味深い。すでにLJLベテラン選手の領域に達した両選手がどのような戦いを繰り広げるのか、非常に楽しみである。