ONにすることにより試合結果を表示することができます。

―精神を削る戦い―

2016/03/11, 17:13 - BY RIOT GAMES

―精神を削る戦い―

Round8最初の対戦カードは、LJL 2016 Spring Splitの山場のひとつとも言える7h heaven vs CROOZ Rascal Jester。

ランキング4位と5位の直接対決だ。このタイミングでCRJはGalBの脱退とCornのシーズンアウトを発表し、Inuが今シーズン初出場。対する7hは先週と同じメンバーで試合に臨む。両チームともに「プレイオフ」進出と「入れ替え戦」行きの岐路に立たされている。選手たちがさまざまなプレッシャーを抱える状況の中で行われた試合の詳細を、早速チェックしていこう!


 

1戦目、7hはリサンドラやシヴィアによってエンゲージを狙うピックを見せたのに対し、CRJはコーキとルシアンを擁するポーク構成を選んだ。

試合序盤、CRJはTOPから、7hはBOTから優位をつくっていこうという動きを見せる。TOPではEvi(フィオラ)とcogcog(ポッピー)が相討ちで倒れるような熱いぶつかり合いを展開。そしてCRJのBOTコンビは不利なマッチアップにもかかわらず、7hの攻撃をうまくいなしてレーニングを進める。

試合開始15分、CRJのInu(エリス)はTOPギャンクを仕掛けてEviを倒し、そこへテレポートでかけつけたShinmori(リサンドラ)にRkp(エズリアル)がBOTから放ったトゥルーショットがヒットしてaripo(コーキ)がとどめの一撃!CRJはドラゴンを明け渡す代わりにTOPのファーストタワーを破壊した。

CRJはその後もキルを重ね、BOTのファーストタワーとドラゴンを獲得する。そして23分、ジャングル内で浮いていたInuとcogcogがつかまって集団戦が始まるが、その二人を盾にRkpとaripoがしっかりダメージを出せる位置取りを保ち「エース」獲得!MIDタワー2本を一気に破壊した。

CRJはオブジェクトを次々と確保していくが、BOTのインヒビタータワーを破壊したところでEviが反撃し「クアドラキル」を獲得。逆転を狙う7hだったが、態勢を立て直しBOTから攻め込んだCRJがインヒビターを破壊。34分にはCRJがバロンを取った直後に集団戦で3キルを獲得し、そのまま相手本陣へ。一気にネクサスまで破壊して勝利した。


 

続く2戦目、CRJは敵をいなしながら戦うことを意識した構成、対する7hはポーク構成を選択。CRJのBOTは1戦目と同じ構成で試合に臨む。

序盤は、7hのAwaker(リー・シン)とCRJのInu(グラガス)が互いにMIDギャンクを狙う展開に。6分、Shinmori(ヴェル=コズ)がアルティメットでaripo(ヴィクター)を倒そうとしたところにInuが襲い掛かる!しかしそのタイミングでAwakerとEvi(ポッピー)がShinmoriをフォローしに入りInuのキルに成功。

14分、ShinmoriがMIDをタワー破壊。これに対しCRJはBOTで集団戦を仕掛けるも1デッドで押さえられてしまう。体力を削られたCRJはオブジェクトにつなげることができず、逆に7hがドラゴンを獲得することに。その後互いにオブジェクトを狙ってぶつかり合い、有利が傾き続けるシーソーゲームへ転じた。

32分、Lillebelt(トランドル)がデッドしてしまった隙に7hはバロンを始めてInuとaripoを引き寄せ、すぐさま反転して二人をキル、再び7hはバロンを開始し、またしても反転し今度はcogcog(ノーチラス)をキル。しかしこれをRkp(エズリアル)とLillebeltがいなしCRJはMIDのファーストタワーを獲得した。

7hは再びバロン前の集団戦で2キルから反転、結局バロンを行なわずドラゴン獲得。今度はCRJがバロン開始後に反転したが上手くいかず、7hがここでようやくバロンを獲得し有利に立った。38分、7hはBOTにローテーションし、タワー前で集団戦を引き起こして4キルを獲得し、そのまま一気にエンドイット!勝負は最終戦に持ち込まれた。

 

3戦目、7hはノーチラスにブラウム、ヴェル=コズと集団戦に特化した構成に。対するCRJはコーキをピックし再びポーク構成をつくった。

序盤はMID周辺のコントロールを狙い合う展開に。7分、CRJはBOTにテレポートしInu(エリス)がファーストブラッド獲得。さらにMIDに圧力をかけようというCRJだったが10分、7hはMIDのカウンターギャンクで2キルを獲得しMIDタワーを破壊。CRJは素早く切り替えてBOTのファーストタワーを破壊した。

CRJはBOTで攻勢に出てThintoN(ブラウム)を倒す。しかしそこにShinmori(ヴェル=コズ)が登場!アルティメットをここでも炸裂させて追い討ちをかけ4キルを獲得し、BOTファーストタワーを破壊。さらに7hはTOPファーストタワーも破壊した。20分、ドラゴンを始めた7hの背後からCRJが襲い掛かる!激戦の末、お互いが疲弊しあい7hがドラゴン、CRJがTOPファーストタワーを確保した。BOTではジ=ロットポータルを作り合うちょっと面白い展開も。

オブジェクトを狙いながらにらみ合いを続けていた両チームだったが、33分にMIDで前にですぎたaripo(コーキ)の背後にEvi(ノーチラス)がテレポートし見事キル!勢いづいてバロンを開始した7hに襲い掛かるCRJだったが、Shinmoriの圧倒的火力の前になす術なし。スティールを狙うInuもキルされ、7hがバロンを獲得した。さらに7hはサードドラゴンを確保しMIDのセカンドタワー前にグループ。

そして37分、cogcog(ポッピー)がテレポートによって7hの裏をとったものの、集中力の低下からかヒロイックチャージをShinmoriに打てずAwaker(リー・シン)に当ててしまう。これにより7hがMIDのセカンドタワーを獲得。最終的に7hがBOTから攻め込み、インヒビターに続きネクサスを破壊した。



これにより3勝5敗で2チームが4位タイに並ぶ結果となった。両チームともに「プレイオフ」進出の可能性は残っているものの、厳しい状況に変わりはない。CRJにとっては勝てば「入れ替え戦」を完全回避できる状況であっただけに、今回の敗北は痛い。さらなる混戦となったLJLの今後の展開に注目だ!