ONにすることにより試合結果を表示することができます。

2016 Spring Round4 プレビュー

2016/02/02, 13:52 - BY RIOT GAMES

2016 Spring  Round4 プレビュー

先週Round3が終了し、3勝をマークしたDFMが単独首位をキープ。3敗を喫したBEも単独最下位のまま。しかし、横並びだった4チームは明暗が分かれた。2勝1敗で2位タイとなったのがRPGとCRJ。一方USGと7hはそれぞれ1勝2敗で4位タイに転落した。果たして今週Round4の戦いで何が起こるのか、マッチアップを確認していこう!
 

◆2月3日(水)BlackEye vs DetonatioN FocusMe

第1試合は、昨年の王者DFMと今年からLJLに参戦した新生チームBEの対戦だ。ランキング上、非常に対照的なチームがここへきて対戦することとなった。現在1位のDFMは、この試合に勝って4勝目をマークすれば単独首位をキープできる。しかも2位タイのCRJとRPGがもし今週の試合でそろって敗北するようなことがあると、DFMは独走態勢に入る。一方、BEはこの試合に勝利しても順位は変わらないが、4位タイのUSGと7hの結果次第では単独最下位を免れる可能性は残されている。BEは今年がLJL初参戦のため、両チーム間の対戦成績はない。しかしここまでの対戦でBEが勝てなかったRPGやUSGに対して、DFMは勝利を収めている。この結果を見てもBEは厳しい戦いを強いられることになりそうだ。しかし、DFMはRound3で最終的にUSGに勝利したものの、Bo3の1戦を取られ初の黒星がついている。DFMがベストメンバーではなかったとはいえ、先週のUSGのように1戦を崩すことができればミラクルが起こるかも知れない…!

試合の注目ポイントは、LJL新規参入のBEが強豪DFMに対してどのような戦いを見せるのか、この一点となるだろう。独走態勢に入りたいDFMとLJL初勝利がほしいBE、それぞれの思惑が交錯する戦いとなりそうだ。

 

◆2月5日(金)CROOZ Rascal Jester vs Unsold Stuff Gaming

第2試合は、LJL3年目のベテランチームCRJとLJL1年目のルーキーチームUSGが激突する!1年目とは言っても、USGは「Unsold Stuff=売れ残り」という名のとおり、昨年まで別のチームのメンバーとしてLJLで活躍していた選手たちが集まっているチームだ。開幕戦ではCLOCKDAYやEntyの古巣である7hとも対戦した。今回の対戦相手であるCRJは、apaMENの古巣だ。CRJ時代はMIDを担当していたが、現在はTOPに戻っている。対するCRJのTOPといえば、3年間変わらずcogcogだ。先週Round3でも活躍を見せた。昨年は決して見ることのできなかったこのTOPレーン対決も非常に楽しみである。ランキングではUSGが4位、CRJが2位をマーク。すでに両チームと戦っている7hを基準として見てもUSGは1-2で敗北、CRJは2-1で勝利しており、データ上ではCRJが一歩リードしている。果たしてCRJが3勝をマークして「中堅グループ」から抜け出すことができるのか、それともUSGが2勝2敗でCRJと並ぶことができるのか、注目だ!

試合の注目ポイントは、やはり「BOT対決」だ。両チームともBOTの強さが光っており、先週の「平均KDAランキング」ではRkpが4位、「平均KILLSランキング」ではHarettiが2位につけている。SupportのCornとEntyも個人スキルの高い選手であり、ADCとの鮮やかな連携プレイも大いに期待できる。
 

 

◆2月6日(土)7th heaven vs Rampage

第3試合は7hとRPG、既存のチーム同士の対戦だ!開幕戦こそライバルDFMに敗北したものの、その後2連勝し調子を上げてきているRPG。対する7hは、開幕戦で勝利を収めたものの、その後2連敗を喫してしまい苦しい状況に。その結果RPGは2位タイ、7hは4位タイとランキングにも差が出ているのが現在の両チームの立ち位置だ。この試合でRPGが勝利すれば3勝目となり、「中堅グループ」から一歩抜け出すことが可能だ。他の試合の結果次第では、単独2位や同率1位になる可能性もある。一方、7hが勝利すれば2勝2敗でRPGと並ぶことができる。もし金曜日のCRJvsUSGでUSGが勝った場合、4チームが2勝2敗で再び並ぶこととなる。両チームの昨年の対戦成績は3:1でRPGがリード。ちなみにRF対RPGでは2:2の同率だ。先週のRound3でもRPGはBEを相手に圧倒的な実力差を見せつけたのに対し、7hはCRJに苦戦。RPGとしてはそのまま勢いに乗って3連勝を果たしたいところだ。対する7hは何としても連敗を止めて転落を避けたいだろう。

試合の注目ポイントは、「両チームの戦い方」だ。7hは序盤からアグレッシブに動いて勝利をもぎ取るプレイスタイルであるのに対し、RPGは終盤の安定した集団戦が特徴的なチームである。7hとしては相手の安定したペースをいかに崩せるか、RPGとしては相手に序盤有利を与えず得意な時間帯までもっていけるかが勝負となりそうだ。