ONにすることにより試合結果を表示することができます。

―ひらめく新星の刃―

2016/01/29, 16:38 - BY RIOT GAMES

―ひらめく新星の刃―

先週のRound2ではDFMが単独首位に飛び出るなど、早くもランキングに大きな変化のあったLJL 2016 Spring Split。今週も各チームの熾烈な戦いが幕を開ける!

 

Round3の第1試合となる1月27日(水)の対戦カードはUnsold Stuff Gaming vs DetonatioN FocusMe。現在首位のDFMと2位タイにつけているUSGの直接対決だ。DFMはここまで全勝しているほか、先週の7h戦ではオブジェクトもキルも取らせない「パーフェクトゲーム」を達成するなど今まさに乗りに乗っているチームである。この日の試合ではTOPにYutaponではなくBonziNを起用。対するUSGは開幕戦で善戦したものの敗北、Round2では勝利したにも関わらずポジショニングミスなど危なげなシーンも目についた。個々の実力は備わっているだけに、中3日という短い期間でどれだけチームとしての完成度を高めてきたかがカギとなる。この試合でDFMが3勝目をマークして単独首位を維持することができるのか、それともUSGが直接対決に勝利して1位タイに並ぶことができるのか、注目の戦いが始まった!

 

1戦目、DFMはスワップを選択。互いのサイドレーンのファーストタワーを交換する。USGはBOTでギャンクされapaMEN(ノーチラス)がデッドするが、isurugi(エリス)が上手くカバーに入りEternal(ブラーム)をキル。その後もTOPギャンクを立て続けに成功させる。早々とオブジェクトを獲得し勢いに乗ろうというUSGだったが、DFMも集団戦に勝利しリードを許さない。しかし試合開始17分、MIDにフォーカスしたUSGがクレンズを持っていなかったCeros(ヴィクター)を上手く捕まえてキルし、MIDのファーストタワーを破壊。その後Enty(スレッシュ)のフックが冴えわたり、DFMを一人ずつ倒していく。流れにのったUSGはMIDのセカンドタワー、バロン、BOTのインナータワーまで獲得した。さらに後半、USGが集団戦で2キルを獲得しBOTのインヒビターを破壊。DFMはサードドラゴンを獲得し逆転を狙ったが、33分、バロン前の集団戦でHaretti(カリスタ)がトリプルキルを決めUSGがACEを獲得。そのまま攻め込んでネクサスを破壊し、見事勝利!常に先手を取り続けたUSGが王者DFMを相手に劇的な1勝を収めることに成功した。

 

続く2戦目、DFMはスレッシュをバン。それに対してEntyはブリッツをピックし得意のグラブで勝負する作戦に出た。序盤は両チームともに仕掛けるタイミングを狙う静かな立ち上がり。試合開始15分、1戦目同様USGがapaMEN(ノーチラス)の錨でCeros(コーキー)を捕まえ先手を取ると、21分にはMIDのファーストタワーを破壊。しかし中盤、MIDのファーストタワーを狙うDFMに対し、前に出すぎたEnty(ブリッツ)とHaretti(ルシアン)がエンゲージされてしまう。これによってDFMは2キルとMIDタワーを2本獲得。劣勢に立たされたUSGだが、30分ごろ、Zerost(カリスタ)にEntyのグラブが炸裂する!しかしすでにグループしていたDFMは、USGを返り討ちにしてバロンを獲得した。その後攻勢に転じたDFMをいなし続けたUSGだったが、39分にターニングポイントが訪れる。USGがドラゴンを始めたのを確認したDFMは、TOPのセカンドタワーを破壊し一気にバロンを獲得。MIDとTOPの両方から攻め込み、インヒビターをどちらも破壊した。優位に立ったDFMは、攻撃の手をゆるめずそのままエンド!勝負は最終戦へ持ち込まれた。

 

3戦目、USGはMIDにヴァルス、ADCにコーキーをピックし、ポーク構成を選んだ。序盤、USGがスワップを選択し、互いのサイドタワーを交換。またもやUSGはTOPから、DFMはBOTからゲームを展開していこうという作戦だ。その後は小競り合いこそあったものの、Catch(ニダリー)を起点にDFMがUSGの動きを封じ込め、グローバルゴールド差が徐々に開いていく展開に。27分、DFMはドラゴンをエサにして集団戦を起こし、USGを全滅させる。そしてそのままバロンを獲得した。体勢を立て直そうとしたUSGだったが、ドラゴンを倒したあと敵陣に飛び込んだBonziN(ナー)のアルティメットが3人にきまる!そしてZerost(ルシアン)のトリプルキルとCeros(ゼド)のダブルキルによってACEを獲得。そのまま攻め込んでネクサスを破壊したDFMが2-1でRound3の勝利をもぎ取った。


これによりDFMは3勝目をマークし首位を独走!1戦目こそ崩されたものの、それ以降はチームをしっかり立て直してきた。USGとしてはDFMに勝利とまではいかないものの初の黒星をつけることができたのは非常に大きな成果であると言える。ただ、チームの強みを最後まで維持することができなかった。今後は5チームが「打倒DFM」を目標に戦っていくリーグ展開となりそうだ。果たして強豪DFMを止めるチームは現れるのか、今後もLJLに目が離せない!