ONにすることにより試合結果を表示することができます。

OPPO、リーグ・オブ・レジェンドeSports初のグローバルスマートフォンパートナーへ

2019/10/02, 16:00 - BY RIOT GAMES

OPPO、リーグ・オブ・レジェンドeSports初のグローバルスマートフォンパートナーへ

Riot Gamesは今回、OPPOがリーグ・オブ・レジェンドeSports初のグローバルスマートフォンパートナーとなったことを発表いたします。

 

同社は2024年までリーグ・オブ・レジェンドeSports独占グローバルスマートフォンパートナーとして、年3回開催される全国際大会(Mid-Season Invitational、All-Star Event、World Championship)を中心に継続的な活動を行っていきます。まず、最初の国際大会となる2019 World Championshipにおいては、プレイヤーが大会をより近くに感じてもらえるよう以下に示す活動を実施予定です。

 
  • MVP(MVP Presented by OPPO): World ChampionshipおよびMid-Season InvitationalのMVPコーナーにグローバルパートナーが入るのは史上初のことです。OPPOは今後、シーズン屈指の大舞台で試合を決めるプレイを披露したプレイヤーに最優秀選手賞を贈呈していきます。
 
  • 現地ライブ配信(OPPO Cam): World Championshipの放送中は、LoL esportsシーズン最大の大会をより近くに感じてもらうため、コーナー「OPPO Cam」を提供。世界中の多数の視聴者に向けてコスプレや舞台裏の様子などを配信していきます。イベントのライブ感を高めるこの取り組みは、OPPOの高性能スマートフォンカメラ技術を利用して実施されます。
 
  • 出場チーム特集(Welcome to the Rift): 一年の集大成とも言えるWorlds出場を果たした各チームにスポットライトを当て、次世代のスタープレイヤーや劣勢の中で戦う実力派プレイヤー、要注目ダークホースの素顔などを映し出していきます。
 
  • 舞台裏ツアー(Win a Trip): OPPO提供のプロモーションシリーズで、当選したプレイヤーにはWorld ChampionshipやAll-Star Event、Mid-Season Invitationalといったイベントで舞台裏見学ツアーが贈られます。
 

これまでにウィンブルドン、FCバルセロナ、国際クリケット評議会といった各種トップクラススポーツチームや組織とパートナーシップを締結しているOPPO。リーグ・オブ・レジェンドは今回のパートナーシップでその顔ぶれに加わることになりますが、一方のOPPOもState Farm、Alienware、Secretlab、Louis Vuittonといった業界屈指のパートナー企業が名を連ねる成長著しいグローバルeSports市場の中心地へ参入を果たすこととなります。

 

「eSportsは世界的に急成長を遂げているスポーツであり、また近年リーグ・オブ・レジェンドは多くの若者にとって“ライフスタイル” になっています」OPPOバイスプレジデント兼グローバルマーケティングプレジデントのBrian Shen氏は語ります。「OPPOは顧客中心主義のブランドですから、ターゲットオーディエンスである若年層と正しくコミュニケーションを取る方法は常に模索しています。今回のパートナーシップはRiot GamesとOPPOの双方にとって大きな一歩になることでしょう。試合が終わるたびに興奮を分かち合い、若い人たちとの絆を強めていけることを願っています」

 

OPPOがeSportsリーグとパートナーシップを締結するのは今回が初めての試みです。同社はFindやRenoシリーズといった人気シリーズをはじめ幅広いスマートデバイスのラインアップを持つほか、ColorOSオペレーティングシステム、そしてOPPO CloudやOPPO+といったインターネットサービスも提供しています。また、10年足らずで世界トップ4に入るスマートフォンブランドへと成長しており、5G開発においても引き続きスマートフォン業界を牽引していきます。

 

「OPPO社のデザインとイノベーションに対するこだわりは、その製品の端々に認めることができます。そんなOPPO社の“開拓者精神”がRiot Gamesのグローバルスポーツとファン層を選んでくれたことに大きな喜びを覚えています」とRiot GamesグローバルeSportsビジネスディベロップメント & パートナーシップ部門ヘッドを務めるNaz Aletahaは語ります。「OPPO社初のeSportsリーグパートナーになれたことは、LoL eSportsの熱量を象徴する出来事だと思っています。今後、私たちのスポーツ、ファン、そして本作への愛を協力して育んでいけることを楽しみにしています」

 

なおOPPOは同社デバイス向けにGame Centerというサービスも提供しています。同サービスは現在、1億3000万人の月間アクティブユーザーと9000本以上のゲームタイトルを擁するプラットフォームとなっています。また同社は世界40以上の国または地域に展開しており、研究機関6箇所、研究開発拠点4箇所、そしてロンドンに国際デザインセンターを構えています。