ONにすることにより試合結果を表示することができます。

LJLに黒船来航! Sengoku Gaming、新韓国人選手を獲得!

2019/06/06, 19:00 - BY RIOT GAMES

LJL

LJLに黒船来航! Sengoku Gaming、新韓国人選手を獲得!

海外からインパクトのある人や文化が輸入されると、我々はよく1853年のペリー来航になぞらえて「黒船」と呼びます。すでにご存じの方も多いかと思いますが、「Sengoku Gaming、元SK Telecom T1のBlank選手を獲得か」――5月末に流れたこの噂話は、Summer Splitを控えたLJL界に衝撃が走りました。これを受けて、2019年6月4日、e-sports SQUARE AKIHABARAにて、Sengoku Gamingは新戦力獲得の記者会見を正式に開催。Blank選手とPoohManDuコーチの加入を発表しました。LJLの歴史において、選手、コーチの獲得で記者会見が開催されたのは、おそらく初でしょう。そして、Worlds優勝経験者が島国LJLに乗り込んでくるという事件は、ありふれた表現で恐縮ですが、まさに「黒船来航」。今回はその模様をお届けします。

 

そもそもSengoku Gaming自体が、LJLにおいては新興といってもよいチームです。オーナーの岩元氏によると、

「Sengoku Gamingは、2017年12月に『Rainbow Six Siege』部門と『League of Legends』部門を立ち上げ、結成いたしました」

とのこと。Sengoku GamingのLJLにおける戦績はLJL CSの2018年Springにおいて昇格には一歩届かず3位、跳んで今年のLJL 2019 Spring Splitでは1部リーグ初参戦にして、シーズン途中のWeek6よりめざましい戦績をあげ、Week7では無敗だったDetonatioN FocusMeに土をつけ、なんと4位にまで躍り出たことは記憶に新しいことでしょう。

選手の紹介に先立って、Sengoku Gamingを支援する新スポンサーとして、株式会社QTnetとサントリーが紹介されました。QTnetは九州電力の100%子会社で、九州を代表する電気通信事業者。2018年、Sengoku Gamingが運営していたe-Sports専用ネットカフェSG.LAN(現在は閉店)開業時から交渉を続け、「九州から世界へ」を共通のテーマに、今回のスポンサードに至ったとのこと。

 

Blank選手獲得のため、直接オーナーが韓国へ

今回加入が決まったBlank選手は、昨年まで韓国リーグ(LCK)のSK Telecom T1(以下SKT)に所属し、華々しい戦績を残したジャングラーで、1998年生まれの21歳。2015年末よりSKTに所属し、昨年11月のWorldsまで在籍していました。

 

Blank選手の戦績

IEM Season 10 World Championship 優勝(以下すべてSKT)

Mid-Season Invitational 2016 優勝

World  Championship 2016 優勝
LCK 2017 Spring 優勝

Mid-Season Invitational 2017 優勝

World Championship 2017 準優勝

 

今回のBlank選手の獲得にあたって、Sengoku Gamingのオーナー岩元氏は、韓国に赴き、Blank選手と直接交渉することで実現したとのこと。

同時加入となったPoohManDuコーチも、かつてBlank選手とともにSKTで戦ったチームメイトであり、Blank選手の推薦もあってのSengoku Gamingとの契約となったようです。

 

PoohManDu選手の戦績

Champions 2013 Summer 優勝(以下すべてSKT)

Korea Regional Finals Season 3 優勝

Worlds Season 3 優勝

Champions 2014 Winter 優勝

All-Star 2014 Paris 優勝

NLB 2014 Summer 優勝

 

PoohManDuコーチの戦績

International Esports Tournament 2015 優勝(Invictus Gaming)

IEM Season 10 World Championship 優勝(SKT)

Mid Seasons Invitational 2016 優勝(SKT)

World Championship 2016 優勝(SKT)

 

両者の参加に関して、岩元オーナーは 「世界大会優勝経験者であるふたりを、Sengoku Gamingに迎え入れられることになったのは、本当に喜ばしいことだと思っています」 とコメント。

続いて、Blank選手からのコメント。

「はじめまして、私はSengoku GamingのJungle、Blankです。どうぞよろしくお願いします」 と、なんと日本語での挨拶となりました。以下は韓国語でのコメントが続きます。 「LJLでよい成績を収めて、ファンのみなさんの期待に応えたいと思います」

PoohManDuコーチからは 「こんにちは、Sengoku Gamingに入ったPoohManDuことイ・ジョンヒョンといいます。サマーシーズンなので、優勝して、WCSを目標にがんばりたいと思います」 とのコメントがありました。

 

新ロスターとなったSengoku Gamingに大注目!!

Blank選手とPoohManDuコーチを迎え、新体制となったSengoku Gamingは以下の体制でLJL 2019 Summer Splitに挑戦します(太字は新加入)。

 

Top           Reiya

Jungle       Blank

Mid            Taka

ADC          OdduGi

Support      Raina

 

Sub            Eugeo

Sub            DonShu

 

Coach         Poohmandu

Coach          Maplestreet

Coach          Pascal

 

Blank選手、PoohManDuコーチはもちろん注目選手ですが、そもそもSengoku Gaming自体がSpring Split中盤からの注目チームです。OdduGi選手の突破力と、高いコミュニケーション能力、Maplestreetコーチのドラフトなどが特色のチームでしたが、ここに世界クラスのジャングルとコーチングが加わるわけですから、第一戦から注目せざるを得ません。

今回の記者会見は欠場となってしまいましたが、Subに登録されたEugeo選手とDonShu選手も、先日開催されたScouting Grounds出身(DonShu選手は未出場)で、コーチ陣の強いプッシュがあり加盟した選手とのこと。二名ともなんと高校生。ともに練習生ということで、実戦への投入はいまだ実現していませんが、Burning Core所属のFlaw選手をはじめ、確実に未来のLJLを背負うであろう、高校生LJLプレイヤーたちにも注目です。

 

オーナー岩元氏のeスポーツにかける想い

最後に、チームメンバーからのコメントを紹介します。

Reiya 「世界大会優勝を経験したふたりがいるので、選手としてもチームとしても成長した姿を見せられると思います」

Taka 「Spring Splitでは対面する選手たちのプレッシャーがすごかったんですけど、夏はBlank選手とPoohManDuコーチからいろいろ学ぶことができたので、これを使ってアグレッシブなプレイをしたいと思います!」

OdduGi 「前のシーズンは残念だったけど、今季は優勝を目指します。応援してください」

Raina 「春とはひと味違う姿をお見せしたいと思います。優勝めざしてがんばります」

 

記者会見終了後、LJL史上初となる選手加入による記者会見を行ったSengoku Gamingのオーナー岩元氏に、「こういった会見は珍しいのでは?」と伺ったところ、 「eスポーツを普通のスポーツのレベルにまで押し上げたいんです」 と語ってくれました。なるほど、ほかのメジャースポーツ、たとえば野球なら入団記者会見は当たり前のことであり、当たり前の演出であり、それによって視聴者、ファンのみなさんも「ああ、移籍したんだな」と実感することができます。岩元氏の「Blank獲得のために韓国まで行って直接交渉」したり、「入団発表会を東京で開催してしまう」という行動力、実行力に脱帽です。

今回はSengoku Gamingの発表会なので当然Sengoku Gamingのお話ばかりですが、Summer Splitに備えて、当然各チームのアップはもう始まっています。これからまもなく、各チームからも正式なロスター発表があることでしょう。

LJL 2019 Summer Splitは2019年6月15日土曜日開幕です。第一試合はチーム編成を変えてきたAXIZ VS SG。これは見逃すわけにはいきません。Week1のチケットはすでに完売していますが、隙あらば現地で観戦して、ぜひ生の雰囲気を味わってみてください。チケット購入はこちらから

 

 

ライター:安部理一郎