ONにすることにより試合結果を表示することができます。

2020 World Championship Finalは上海開催

2019/11/11, 18:30 - BY RIOT GAMES

WORLDS

2020 World Championship Finalは上海開催

世界最大の視聴者数を誇るeSportsイベントとなったリーグ・オブ・レジェンドWorld Championship(Worlds)。その2020年の決勝が上海で開催されることが決定しました。中国最高峰のリーグ・オブ・レジェンドeSportsリーグ(LPL)本部所在地でもある世界的大都市・上海で、来る2020年に10回目のWorld Championship Final(決勝)を開催できることを、一同心から嬉しく思います。

 

 

リーグ・オブ・レジェンドWorld Championshipは同作競技シーズンの集大成であり、世界王者の称号と優勝トロフィー「サモナーズカップ」を懸けて世界各地のトップチームが競うトーナメントです。

 

「マジックシティ」という別名でも知られる上海は2017年にもWorld ChampionshipのSemifinal(準決勝)のホスト都市を務めており、Samsung GalaxyがTeam WEを破り、SK Telecom T1がフルセットにもつれこむ激戦の末にRNGを撃破した様子は8000万人以上の視聴者を集めました。また金融・イノベーション・交通・貿易の世界的ハブとしても知られ、同市の陸家エリアには有名な高層ビル群もそびえています。

 

Finalは中国サッカー・スーパーリーグの優勝チーム(上海上港)のホームスタジアムとして知られる上海体育場(Shanghai Stadium)で開催されます。同会場は収容人数55000人を超えるClass-Aカテゴリーのスタジアムで、2008年夏季オリンピックのサッカー種目予選など国内、国際スポーツイベントに利用された実績があります。

 

一年で最も大規模なeSportsイベントであるWorld Championship。中でもFinalは毎年トーナメント最大の旗艦会場で開催されてきました。先日のWorlds 2019 Final会場となったAccorHotels Arena(フランス・パリ)をはじめ、仁川文鶴競技場(2018年、韓国・インチョン)、北京国家体育場(2017年、中国・北京、通称:鳥の巣)、マディソン・スクエア・ガーデン(2016年、米国・ニューヨーク)、ソウルワールドカップ競技場(2014年、韓国・ソウル)といった世界各地の名だたるスポーツ/エンターテインメント会場で開催されてきたFinal開催会場リストに、今回こうして上海体育場の名を刻めることを心から誇りに思います。

 

LPLにとっては地元開催となる来年のリーグ・オブ・レジェンドWorld Championship 。連続決勝優勝記録の更新を見据え、更なる盛り上がりが予想されます。

 

プレイイン、グループ、ノックアウトの各ステージ開催地については今後発表の予定です。今後の最新情報、告知については、当サイトおよび https://twitter.com/official_ljl にてご確認ください。