ONにすることにより試合結果を表示することができます。

「2018 World Championship」がやってくる!

2018/10/01, 13:00 - BY RIOT GAMES

WORLDS

「2018 World Championship」がやってくる!

 今年の締めくくりとなるLoL競技シーン最大のイベント、2018 League of Legends World Championship(以下Worlds)が10月1日に韓国で開幕する。“Worlds”とは、世界各地のトップチームが、世界最強の称号をかけて競い合う国際大会だ。

 日本からは、League of Legends Japan League(以下LJL) の夏のスプリットを制したDetonatioN FocusMe(以下DFM)が出場する。本記事では、Worldsの進行とシステムについて、そして日本からWorldsへ挑戦するDFMの対戦相手について紹介していく。


 

2018 World Championshipの詳細と進行

 Worldsは、今年の1月~4月に行われた第1のスプリット、そして6月~9月に行われた第2スプリットの結果から選ばれた世界各地のトップチームが集い、世界王者の座をかけて争うイベントだ。10月1日から1か月以上にわたる長い戦いを経て、11月3日に行われるファイナルをもって2018年の王者が決定する。

 Worldsは、プレイインステージ、グループステージ、ノックアウトステージという3つのステージで構成される。Worldsに出場するチームは全部で24チームだが、これらのステージをもって、16チーム、8チームと徐々に絞られていくことになる。

 

プレイインステージ

 10月1日の開幕と時を同じくして、プレイインステージが始まる。このステージはグループステージへのシード権を持たない12チームが、グループステージに出場するための4つの枠をかけて争う、いわば予選ともいえるステージだ。日本代表のDFMも、このプレイインステージから戦うことになる。

 プレイインステージでは、まず12チームが4つのグループに割り振られ、各グループ内でBo1(Best of 1、1勝先取)形式のダブルラウンドロビン(総当たり戦2回)を行う。その後、各グループの上位2チームがプレイインノックアウトへと進出する。このプレイインノックアウトでは、各グループの1位と、他グループの2位との対戦が組まれ、勝利した4チームが次の舞台であるグループステージへ進むことができる。

 プレイインステージの組み分けは以下のようになっており、DFMはグループCに振り分けられている。

 

グループ A

  • Edward Gaming(中国)
  • Infinity eSports(北ラテンアメリカ)
  • Dire Wolves(オセアニア)


グループ B

  • G2 Esports(ヨーロッパ)
  • Bahçeşehir Supermassive(トルコ)
  • Ascension Gaming(東南アジア)


グループ C

  • Cloud9(北アメリカ)
  • KaBuM! e-Sports(ブラジル)
  • DetonatioN FocusMe(日本)


グループ D

  • G-Rex(台湾、香港、マカオ)
  • Gambit Esports(ロシアを含む独立国家共同体)
  • Kaos Latin Gamers(南ラテンアメリカ)



https://jp.lolesports.com/news/worlds2018-event-primer


 

グループステージ

 次に、10月10日からグループステージが始まる。グループステージにはシード権を持つ12チームと、プレイインステージを勝ち抜いた4チームの計16チームが参加する。12チームはすでに抽選によってグループ分けが済んでおり、そこにプレイインステージを勝ち抜いた4チームが、各グループに1チームずつ、抽選で振り分けられる。形式はプレイインステージと同様、Bo1のダブルラウンドロビン(総当たり戦2回)となっている。

 各グループの上位2チームが、次の舞台であるノックアウトステージに進出する。

 グループステージの組分け抽選の結果は以下の通りとなっている。


グループ A

  • Flash Wolves(台湾・香港・マカオ)
  • Afreeca Freecs(韓国)
  • Phong Vũ Buffalo(ベトナム)
  • 未定(プレイインステージ勝ち抜きチームから抽選)


グループ  B

  • Royal Never Give Up(中国)
  • Gen.G esports(韓国)
  • Team Vitality(ヨーロッパ)
  • 未定(プレイインステージ勝ち抜きチームから抽選)


グループ C

  • kt Rolster(韓国)
  • Mad Team(台湾・香港・マカオ)
  • Team Liquid(北アメリカ)
  • 未定(プレイインステージ勝ち抜きチームから抽選)


グループ D

  • Fnatic(ヨーロッパ)
  • 100 Thieves(北アメリカ)
  • Invictus Gaming(中国)
  • 未定(プレイインステージ勝ち抜きチームから抽選)


 

ノックアウトステージ

 10月20日から始まるノックアウトステージは、グループステージを勝ち抜いた各グループ上位2チーム、計8チームで行われるトーナメントだ。このステージはシングルイリミネーション(敗者復活なし)で、全試合がBo5(3勝先取)形式で行われる。このノックアウトステージで勝ち残り、11月3日に行われるファイナルで勝利したチームが、2018年の世界王者となる。


https://jp.lolesports.com/news/2018-world-championship-korea-cities-dates


 

DFMの対戦相手、強敵のCloud9とKaBuM! e-Sportsについて


 DFMは、プレイインステージでCグループに振り分けられた。最初のステージでの対戦相手は、北アメリカのCloud9(以下C9)とブラジルのKaBuM! e-Sports(以下KBM)だ。どちらもWorldsのグループステージに出場した経験がある強豪チームで、C9は2013年から5年連続で出場、一方のKBMは2014年にInternational Wild Card Tournament(2016年まで行われていた、Worldsの出場チームを決める国際大会。現在のプレイインステージに該当する)で勝利し、ワイルドカード枠で出場を果たした。

 

Cloud 9(北アメリカ)


Regional Qualifier Final:
https://www.youtube.com/watch?v=dYEMNgmONhU

 C9は、北アメリカのリーグであるNA LCSの中でも古参のチームであり、2013年から1部リーグで戦い続けている。2014年からはリーグ優勝こそできていないものの、Worldsには出場し続けており、地力は確かだ。

 また、北アメリカからは3チームがWorldsに出場するのだが、C9はWorldsに出場する最後の1チームを決めるNA Regional Qualifierに4度出場しており、そのすべてで優勝している。この成績からもわかる通り、土壇場のC9は驚異的な強さを見せることが多く、DFMにとって大きな障壁となるはずだ。

 直前の夏のスプリットではメタの変化とスターティングメンバーの交代から大荒れし、シーズン折り返しの時期には最下位という、Worldsを目指すには絶望的な位置にいた。しかし、ここからが土壇場に強いC9だ。選手の復調、そしてチーム改革により、怒涛の8連勝を見せて、最終的にはシーズンを2位で終える。プレーオフの決勝でTeam Liquidに敗れはしたものの、Regional QualifierではライバルであるTeam SoloMidを相手に3-0で完勝しており、今勢いに乗っているチームだ。
 

KaBuM! e-Sports(ブラジル)


CBLoL 2018 Playoff Final:
https://www.youtube.com/watch?v=6sbpuflpT-w

 KBMもC9と同様に、歴史のあるチームだ。2014年にはブラジル勢として初めてWorldsのグループステージに進出し、EUの1位シードだった強豪チーム、Allianceを相手に大金星を掴んで一躍有名になった。

 直前のスプリットでは、開幕から2連敗とスタートダッシュに失敗したものの、そこから5連勝し1位でシーズンを終えた。プレーオフのファイナルではFlamengo eSportsと熱戦を繰り広げ、3-2で勝利し、Worldsへの切符を手にした。少し話が脱線するが、Flamengo eSportsには日本と関係が深い選手が多く、DFMに所属していたShrimp選手と、日本人のesA選手が所属している。

 また、今年の5月に行われたMid Season Invitationalでは、日本のPENTAGRAMとの直接対決があった。試合を見ていた人にとっては、TitaN選手がいるチームと言ったほうが伝わりやすいかもしれない。この直接対決ではPENTAGRAMが0-2で敗北しているため、DFMがLJLとして雪辱を果たせるかどうか、気になるところだ。


 

ついに始まる世界との戦い。プレイインステージは10月1日の17時に開幕

 LoLの競技シーン最大の大会、Worldsはもう目の前だ。今年の世界最強の称号は、どのチームが掴みとるのか。DFMはどこまで勝ち上がることができるのか。名誉とプライドをかけた戦いが今始まる。

 Worldsは10月1日の17時から開幕し、日本語解説はjp.lolesports.com、英語解説はwatch.lolesports.comで視聴可能だ。観戦をより楽しめるようなミッションも用意されるとのことで、その詳細はこちらのページから確認できる。また、日本サーバーだけの限定イベント“Road to Worlds”も2018年10月1日~10月14日の日程で開催される。こちらは、ゲームをプレーしたり、クイズに答えると、Worldsのファイナルが現地で観戦できるペアチケットを抽選でプレゼントという魅力的なイベントだ。“Road to Worlds”の詳細は、こちらのページで確認できる。

 

 LoLの歴史に、新たな1ページが刻まれる瞬間を見逃すな。