ONにすることにより試合結果を表示することができます。

LJL参加チームおよび関係者に対するペナルティについて

2018/02/05, 17:12 - BY RIOT GAMES

LJL

LJL参加チームおよび関係者に対するペナルティについて

以下のとおり、LJL参加チームおよび関係者にルール違反の事実があったため、本日付にて、違反者に対してペナルティを科しましたので、お知らせします。

 

違反者およびペナルティの内容

PENTAGRAM(y’s agency株式会社):        LJL 2018 春スプリットWeek 1から5での各マッチにおいて各1ゲーム没収*

中村洋樹氏(y’s agency株式会社取締役):   LJLおよびLJL CSへの出場停止(リーグ開催期間3ヶ月間)**

藤田拓也氏(y’s agency株式会社従業員):   LJLおよびLJL CSへの出場停止(リーグ開催期間3ヶ月間)**

Dara選手(Burning Core所属):               口頭での警告

Tussle選手(USG所属):                         口頭での警告

 

*     没収されたゲームは、運営チームの判定による相手チームの勝利扱いとします。

**   プレイヤーではない関係者に対する出場停止処分とは、具体的にはLJLまたはLJL CS参加チームのチームメンバー(プレイヤー、コーチ、ゼネラルマネージャーなど)としての登録またはチームオーナーへの就任の禁止、電話や対面などの方法を問わずチーム関係者としてのLJLまたはLJL CS運営チームへのコンタクトやメディアへの露出の禁止、準備時間も含む大会実施時の控え室および会場への入場禁止、さらに会場内での観戦の禁止を指すものとします。

 

ルール違反事実の概要

2017年12月7日、藤田拓也氏(以下「藤田氏」という。)は、LJL2017参加チームRampageの所属選手であったDara選手が同チームのゲーミングハウスへ私物を取りに戻った際、同選手に対して「在留カードを渡さないと帰さない」等と申し向けて在留カードの提出を求め、同選手から新たな所属先での在留カードの更新のためにカードが必要である旨の説明を受けたにもかかわらず、数時間にわたって要求を続け、同選手から在留カードの提出を受けるに至り、その結果、Dara選手をして法令上の根拠なく一時的に在留カードの携帯義務違反の状況に陥らせました(LJL公式ルール第10.2.10条違反)。

さらに、藤田氏は、2017年12月から2018年1月にかけて、同じくRampageの所属選手であったTussle選手が、新たな所属先であるUSGの選手として在留資格更新手続を行おうとした際、旧所属チームとして当然行うべき情報提供等の協力を拒絶し、さらにTussle選手に対して、在留カードがPentagramの所有物である、引き渡さなければ新規就労ビザの取得に悪影響が出る可能性があるといった虚偽の情報を与え、同選手に在留カードを提出させ、その結果、同選手をして法令上の根拠なく一時的に在留カードの携帯義務違反の状況に陥らせました(LJL公式ルール第10.2.10条違反)。

また、中村洋樹氏(以下「中村氏」という。)は、2017年12月7日、Dara選手の新たな所属先の関係者からチャットアプリを通じて在留カードの更新のためにカードが必要である旨の説明を受けたにもかかわらず、在留カードがPentagramの所有物である、在留カードは旧所属先へ返却されるべきであるという主張を変えず、藤田氏による同選手への提出要求を追認しました(LJL公式ルール第10.2.10条違反)。

PENTAGRAM(y’s agency株式会社)は、チームの運営を関与する取締役および従業員に対して適切な法令教育及び管理を行わず、その結果、中村氏および藤田氏による上述の違反行為を招きました(チーム参加契約違反)。

Dara選手およびTussle選手は、自らが日本へ滞在するにあたって理解するべき法令についての理解を欠き、その結果、一時的に在留カード携帯義務に違反しました(LJL公式ルール第10.2.10条違反)。

 

参考: 違反したルール

LJL公式ルール

10.2.10 不道徳行為

チームメンバーは、不道徳、破廉恥、又は適切な倫理的言動の慣習的な基準に反すると運営チームがみなす行為を行うことが禁止されています。

 

以上