ONにすることにより試合結果を表示することができます。

「実は僕の本性はかなり...」Ramuneが明かす“裏の顔”

2017/06/14, 18:00 - BY RIOT GAMES

LJL

「実は僕の本性はかなり...」Ramuneが明かす“裏の顔”

「LJLのMid、すごいことになってない?」

そう聞くと、Ramuneさんは笑っていました。

今シーズン、彼が対面しているのは、Ceros、REMIND、Lavie、Broooock、Hollis。

……なんというか、修羅の国です。

スキルはもちろんのこと、それ以上に殺意が凄い。誰一人として、「レーンはトントンで」なんて思ってなさそうな顔ぶれ。

とはいえRPGのMidを任されてSpringを優勝、MSIにも出場したわけですから、今シーズンも黙ってやられるつもりは毛頭ないはずです。

たとえ試合前に初対戦のHollisを怖がっていたとしても、彼が見た目より図太いのはもうみんな気づき始めています。

ということで1戦目は完勝、2戦目は対面のカサディンが暴れてギリギリだったRJ戦の直後に、今回は「裏のRamune像」に迫ってみました。

Brooookはライバル、REMINDは超怖い。

――RJのLavieさんが使うカサディン、強かったですね。

「序盤にプレッシャーをかけるはずだったんですけど、逆にダブルバフが入ってしまって、計画が崩れました……。最後は勝ててよかったです」

――Lavieさんもですけど、LJLのMidレーンすごいことになってません?

「いや、ほんとそうなんですよ。まだ全員当たってないのでわからない部分もあるんですけど、かなりパワーアップしている感じがして、結構難しいです」

――特にBroooockさんが気になってると聞きました。

「Broooockは前に同じチームで、その時は僕がTopで彼がMidで、ライバルみたいな感じだったんです。それが今年Midで出てきていきなりオリアナで活躍して、やっぱり気になりますね。ハウスでもMoyasiさんとかがプレッシャーかけてくるんですよ。『Broooockいい感じだけどRamune大丈夫か』って(笑)」

――春は、REMINDさんが一番怖いって言ってましたよね。

「それは今も変わらないですね。Midのレーニングはみんなそこまで大きな差はないと思うんですけど、REMINDさんは自分をスノーボールさせるのが上手い。さっきまでトントンだったのに、気づいたらサイドレーンでファームしてレベル差を作られたり。それが超怖いです。春はMidボコボコにやられたんで(笑)、今の自分がどれぐらいできるか怖さもありますけど楽しみですよ」

「そういうタイプだけど、そうは見られたくない(笑)」

――そういえば最近、試合前の各チーム1人ずつのインタビューが気になっていて、RPGのメンバーは結構強気ですよね。USGとの試合は4週目なので、RamuneさんとREMINDさんの煽りあい、なんて可能性もあるかもしれません。

「あれほんと、1週目はTussleが煽って、今日はEviさんで、見てたんですけど煽りすぎじゃないですか(笑)。でも、自分もこのスタイルに乗っかるかどうかは迷ってます。正直あんまり自分は煽りたくないんですよね」

――そういうタイプではない、と。

「んー、そういうタイプだけど、そういうタイプには見られたくないというか(笑)。自分の本性はかなりアツくなる方というか、煽られると燃えるし、テンション上がっちゃうんですよね。最近はだいぶ気を付けてるんですけど。MSIでも……」

――あー、ありましたよね。オセアニアのDire Wolvesの選手が「RPGは全敗するだろう」とか試合前のインタビューで言って。それはRPGのメンバーは知ってたんですか?

「Twitterとかで回って来たので、見て『かなり煽ってきたなぁ』って。でもあそこまで言われると吹っ切れますよね。なんとかそのチームには勝てましたし、初勝利だったというのもあったんで、めっちゃ嬉しかったですよ。」

――MSIは結果は厳しいものでしたけど、Ramuneさんとしてはどういう手応えだったんでしょう?

「相手チームの特徴もわからない中でみんなでビデオを見て研究したり、ブラジルという慣れない環境でプレーしたり、日本代表というプレッシャーがあったり、初めてのこと尽くしでした。レーン戦、フィジカル面についてはそこまで差がなかったと思うんですけど、レーン戦が終わってからのマクロの動きは違いを感じました。ミスを減らしていけば勝てる試合も相当あるなという感じだったので、全体としては自信になりましたね」

「チームのいじりに比べれば、コメントは全然たいしたことない」

――Ramuneさんって不思議ですよね。「相手が強いと怖い」と言うこともあるんですが、表情は明るいし、煽られると吹っ切れるし。精神的には強い方だと思いますか?

「自分としてはプレッシャーに弱いのかなって思ってますねぇ。LJLにデビューした試合もひどかったし、MSIでも初戦が特にパフォーマンスが悪くて、それを引きずっちゃったし。まー、最近はだいぶ改善しましたよね?」

コーチ「……(曖昧な笑顔)」

――でもその感じが、「主人公」って言われる理由かもしれませんね。そういえばRamuneさんはそうやって呼ばれてるの知ってます?

「知ってます知ってます。最初弱くて、でもだんだんよくなって最終的に優勝したからなのかなぁとは思ってるんですけど、自分では全然主人公だなんて思ってませんよ(笑)。でも、悪いイメージではないので嬉しいです。放送でつくあだなとかコメントとか、結構厳しいものもありますし」

――ああ、オリアナのアルティメットとか。

「『Ramuneった』ですよね。でも実は、コメントとか実はそんなに気にならないんですよね。そのあたりのメンタルは大丈夫かも。まぁ、チーム内のいじりに比べたら全然たいしたことないので(笑)。他のチームの試合をみんなで見てても、オリアナがアルティメット外すと『Ramuneったー!』ってめちゃくちゃ言ってきますから」

――それってもしかして……。

「はい、Moyasiさん、ですね。まぁ僕も言い返すんですけど」

やっぱりこの人図太いですよ、相当。

 

ライター:八木葱