ONにすることにより試合結果を表示することができます。

2017 MSI最新情報

2017/02/08, 11:00 - BY RIOT GAMES

RIOT

2017 MSI最新情報

要約

  • MSI 2017はブラジルのサンパウロとリオデジャネイロで現時時間4月28日~5月21日に開催されます
  • MSI 2017は今年からLoLプロリーグの存在する13地域の代表チームで争われる大会になります
  • 地域シード権は過去2年のMSIとWorldsの成績に基づいて決定されます
  • MSI 2017の成績はこれまでと同様にWorlds 2017の地域シード権に影響します

出場チーム

MSI 2017は複数のステージから構成される大会で、総勢13チームが出場します。MSI 2017の出場権は次に示す各地域のSplit(Spring SplitまたはSplit 1)優勝チームに付与されます。

  • ブラジル(BR)
  • 中国(CN)
  • 独立国家共同体(CIS)
  • ヨーロッパ(EU)
  • 日本(JPN)
  • 韓国(KR)
  • 北ラテンアメリカ(LAN)
  • 南ラテンアメリカ(LAS)
  • 北アメリカ(NA)
  • オセアニア(OCE)
  • 東南アジア(SEA)
  • 台湾・香港・マカオ(LMS)
  • トルコ(TUR)

シード権

今年より、地域のシード権は過去2年のMSIおよびWorldsの成績に応じて決定されます。2年という期間を評価基準とした理由は以下のとおりです。
 

  • 評価期間を1年とすると競技成績に大きなゆらぎが生じる可能性があり、直近1年の成績のみをもってシード権を決定することは好ましくないため。たとえばCIS(独立国家共同体)地域のAlbus NoX LunaはWorlds 2016において目覚ましい活躍を見せてくれましたが、彼らがMSIおよびWorldsに出場したのはこれが初めてでした。一方LMSは昨年のWorldsでは準々決勝進出を果たすことができませんでしたが、過去のイベントでは好成績を残しています。直近1年の成績だけを見た場合CISはLMSよりも強いと評価することになりますが、私たちはこれを公平ではないと考えます。
  • その一方、2014年以降は世界各地で大規模な構造変化(LMSとGPLの分割など)も起きています。eSportsがまだまだ若い業界であることを考えればこの傾向は今後も続くことになるでしょう。これほど進化の速いシーンでは、3年前の成績は現時点での地域の実力を評価する指標として適切ではないと考えます。

このような経緯で過去2年の成績という評価基準を設定した後は、各地域のMSI 2015、Worlds 2015、MSI 2016、Worlds 2016の成績をリスト化して比較を行いました。続けて各地域の実力の相対評価を開始しましたが、ここでは類似する成績を区別するために以下の3つの方針を用いています。

  • MSIよりもWorldsの成績を優先する(Worldsが最重要イベントであり、出場チームも多いため)
  • 古い成績よりも新しい成績を優先する(現在の実力を計る上でより適切な指標であるため)
  • 大会の成績は進出したステージで評価する(対戦相手や試合内容を問わない)

この結果、過去2年の評価は次のようになりました:  

 

上図の結果から、LMSとNAはプレイインステージ(ラウンド2)スタートとします。これはCN、EU、KRと比較すると両地域の過去2年の成績が振るわなかったためです。特に顕著だったのはMSI 2015、Worlds 2015、Worlds 2016で、この3大会ではCN、EU、KRの全地域が総合順位でも最高順位でもNAを圧倒しています。またCN、EU、KRの各地域はいずれもMSI 2015、Worlds 2015、Worlds 2016でLMSと同等かそれ以上の成績を残しています。

これらの成績を考慮し、CN、EU、KRの1位チームには自動的にMSI 2017グループステージのシード権を付与します。なおグループステージの出場チーム数はこれまでと同様に6チームです。

BR、CIS、JPN、LAN、LAS、OCE、SEA、TUR各地域の1位はプレイインステージ(ラウンド1)からスタートします。これらの地域は過去のように「ワイルドカード地域」としてまとめて扱われることがなくなり、今後は独立した地域として成績を評価されることとなります。MSI 2017における立ち位置も過去の成績に基づくものであり、今後の国際イベントでも同様に評価されていくこととなります。

形式

CN、EU、KR地域代表の待つグループステージへ進出するのは、プレイインステージを勝ち抜いた3チームとなります。グループステージは2016年と同様に6チームによるダブルラウンドロビン形式(各試合はBO1)で行われます。

その後も昨年と同様、上位4チームがノックアウトステージ(BO5)へ進みます。

Worlds 2017とのつながり

昨年と同様、MSIの成績はWorlds 2017の地域シード順位に影響します。

今年も2016と同じように、MSI上位4チームの所属地域がWorldsグループステージのシード権を獲得します。なお今年はBR、CIS、JPN、LAN、LAS、OCE、SEA、TURのうちもっとも成績の良かった地域にもWorldsのシード権が付与されます。シード権を持つ地域の1位チームは直接グループステージからの参加に、新たにシード枠を獲得したチーム(該当地域の2位チーム)はプレイインステージからの参加になります。また、BR、CIS、JPN、LAN、LAS、OCE、SEA、TURのなかの2地域が共にMSIで4位以上に入った場合は、その2地域の1位チームはグループステージからの参加になり、2位チームはプレイインステージからの参加になります。それに合わせてプレインステージの残りの参加枠も調整されます。

Worlds 2017とのつながりや、Worlds 2017の大会形式の詳細についてはこちらをクリックしてください。